岸博幸は病気で痩せた?多発性骨髄腫がどんな病気かについて解説。

  • URLをコピーしました!
当サイトにはプロモーションが含まれます。
【動画見るだけで4000円GET】


TikTok Liteインストールして10日ログインだけで4,000円!

①wifiを切って以下のURLからアプリDLする
(アプリは開かない)
https://lite.tiktok.com/t/ZSN5QPFk9/

②ダウンロードが終わったら
ストアからアプリを開かず
【上のURLからアプリを開く】

③tik tokで使ったことのない電話番号やメールで登録

④10日間連続ログイン

tiktokを入れてても対象の可能性有
まずはtik tokアプリを消してチャレンジしてみてください!

※毎日動画を見るだけで紹介無しでも、1,000円程度貰えます。

上手くいくと思うコツ
アプリ起動はストアからしないで、URLから起動

Wi-Fi繋がない

8月13日、最新の岸さんのツイートを追加しました。

みなさんは、岸博幸さんが病気で痩せたという噂の真相について知りたくはありませんか?

また、多発性骨髄腫がどんな病気かについて知りたくはありませんか?

という事で今回は「岸博幸は病気で痩せた?多発性骨髄腫がどんな病気かについて解説。」と題して記事をお届けいたします。

ぜひ最後までお付き合いください。

著名人に関する医療系記事まとめ
目次

岸博幸は病気で痩せた?多発性骨髄腫がどんな病気かについて解説。

さて「岸博幸は病気で痩せた?多発性骨髄腫がどんな病気かについて解説。」について見ていく前に、まずは岸博幸さんに関する基本情報を確認しておきましょう。

岸博幸の基本情報

名前岸博幸
生年月日1962年9月1日
出身地東京都
学歴一橋大学経済学部卒業、コロンビア大学大学院修了
職業元官僚、コメンテーター、タレントなどなど
岸博幸さんの略歴

岸博幸さんは、東京出身で日比谷高等学校と一橋大学経済学部を卒業した経歴を持つ学者さんです。

大学卒業後の1986年に経済産業省(旧通商産業省)に入省し、その後1990年にはコロンビア大学経営大学院でMBA(経営学修士)を取得しました。

岸教授は通産省と朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)で数々のポジションを経験し、2000年には内閣官房情報通信技術(IT)担当室でグループリーダーを務めました。

2001年に第1次小泉内閣が発足すると、経済財政政策担当大臣補佐官に就任し、その後は金融担当大臣補佐官も兼任しました。

2004年以降は竹中平蔵大臣の下で経済財政政策や郵政民営化などについて深く関与しました。

岸教授はメディア・アーティスト協会の設立メンバーでもあり、著作権保護の議論に参加した経歴を持ちます。

また、2004年から慶應義塾大学で助教授を務め、その後は総務大臣秘書官も兼任しました。

その後2006年に経済産業省を退官し、慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究機構の准教授に就任、2008年には慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授に昇格しました。

岸教授はまた、政府と企業界の両方で役職を務めており、エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社取締役コーポレート企画本部担当やエイベックス・マーケティング株式会社取締役などの役職を歴任しました。

また、岸教授は「官僚国家日本を変える元官僚の会(脱藩官僚の会)」を設立し、メディアでの活動も積極的に行っています。

2021年7月には内閣官房参与に任命され、経済・産業政策、規制改革、成長戦略、広報戦略などを担当しました。

総括すると、とってもスゴイ人ということです。

最近では、『情報ライブミヤネ屋』や『ビートたけしのTVタックル』のテレビタックルにも出演。

全力脱力タイムズでは、普段のイメージとは違ったユーモラスな一面も見せてくださいました。

そんな岸博幸さんについて調べていると、『岸博幸 病気』『岸博幸 痩せた』というワードに検索数が集まっていることが分かりました。

この2つのワードの検索需要が同時期に高まっていることを見ると、岸博幸さんは病気が原因で痩せてしまったのではないかと思ってしまうわけですが、実際の所どうなのでしょうか?

岸博之さんの病気の予兆

岸博幸さんですが、2023年7月22日に下記のようなツイートをされました👇

突然の岸博幸さんの報告に、ツイートを見た人たちからは心配の声が届いていました。

お大事になさってください。 無事に退院されることを祈ってます。

大変なご病気を患われたと聞き驚きました。 どうかどうかお大事に、闘病生活を克服され、またお元気になることをお祈りいたします。

この岸博幸さんの文面から、岸博幸さんが何らかの病気を患っておられるのは分かりました。

しかしこの時はまだ、岸博幸さんが何の病気を患っておられるのかは公表されていませんでした。

岸博幸さん、病名を公表

そして入院の発表をした約1か月後のこと、岸博幸さんは自身の入院理由となる病名について明かしました。

その病気を明かしたツイートがこちら👇

岸博幸さんの患っておられた病気、それは「多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)」でした。

岸博幸さんの病気・多発性骨髄腫とは?

岸博幸さんの患っている多発性骨髄腫は、武田薬品工業株式会社さんによると、次のように説明されています👇

多発性骨髄腫について

多発性骨髄腫とは「骨髄」の中にある「形質細胞」と呼ばれる細胞が、がん化し、「骨髄腫細胞」となり増殖する病気です。病気が進行すると骨の破壊による痛みや骨折、M蛋白の産生による腎障害、また造血が妨げられることによる貧血、感染症など様々な症状や臓器障害が現れるようになります。

引用音:©1995-2023 Takeda Pharmaceutical Company Limited. All rights reserved.(https://onl.sc/f7aFhsq)

まだまだ分かりにくい専門用語が多いですね。

まずは形質細胞のがん化先である、『骨髄腫細胞(こつずいしゅさいぼう)』がどのような細胞なのか説明しましょう。

慶應義塾大学医学部 血液内科のHPによりますと、骨髄腫細胞とは次のように説明されています👇

骨髄腫細胞は、骨を壊す細胞を活性化し、骨を再生する細胞の働きを抑えるので、結果として骨がもろくなります。自覚症状は骨痛が多く、X線検査では骨の一部が黒く抜けて見える「打ち抜き像」と呼ばれる所見を示します。背骨がつぶれて変形する圧迫骨折、四肢の骨などが特にはっきりした外傷がないのに骨折すること(病的骨折)もあります。

引用元:© 2005 Division of Hematology Department of Medicine Keio University School of Medicine. All Rights Reserved.(https://onl.sc/iuc64Hn)

骨髄腫細胞が厄介な存在であることがよくわかりますね。

要はこの多発性骨髄腫は、骨髄腫細胞という厄介な細胞が増殖して、身体を蝕んでいく病気のようです。

岸博幸さんの病気の治療と治る確率は?

実は岸博幸さんは、自身が多発性骨髄腫の病気であることを発表したのと同日に、今後の治療方針についても触れておられました。

それがこちら👇

少し冗談交じりに今後の治療の方針を語る岸博幸さん。

周りを出来るだけ心配させないようにという配慮が見受けられます。

多発性骨髄腫の5年生存率はおおむね50%

岸博幸さんが患っておられる多発性骨髄腫の病気の生存率について調べてみました。

メディアノートさんによると、次のように説明されていました👇

多発性骨髄腫の生存率。5年生存率は概ね50%

以前、多発性骨髄腫の治療後の平均生存期間は3~5年と言われていました。しかし、近年は様々な治療が発展したこと(造血幹細胞移植や新規薬剤の効果)によってかなり改善されてきています。特に65歳以下の比較的若い患者さんの生存率は年々向上して、5年生存率は概ね50%くらいまで改善しています。

引用元:©MedicalNote, Inc. All Rights Reserved.(https://medicalnote.jp/contents/150507-000003-UBHAAT)

岸博幸さんは現在60歳です。

なかなか手放しで安心できるような状況ではなさそうですが、我々にできることはとにかく岸博幸さんの無事を願う事だけです。

岸博幸さんが何とか多発性骨髄腫の病気に打ち勝ち、再度元気な姿を見せてくださることをここより願っております。

結局、岸博幸さんは病気で痩せたのか?

さて、一番最初に出ていた話題に戻ります。

岸博幸さんが病気で痩せたのか検証するために、下記の3つの動画を用意しました。

約7年前の岸博幸さん👇

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=SixG3rRpFC4

約1年前の岸博幸さん👇

情報元:https://www.youtube.com/watch?v=74QcyT9FCZY

3週間前の岸博幸さん👇

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=VPk3fmJQP5A

確かに若干痩せた気がしないでもないですが、そこまで大きな変化はなさそうというのが、筆者の感想です。

また実際の所、岸博幸さんがいつ頃から多発性骨髄腫の病気を患っておられたか分からない以上、痩せたことと病気の関連性は明言できません。

岸博幸さんは若干痩せた気がしなくもないが、原因は不明

以上が、『岸博幸は病気で痩せた?多発性骨髄腫がどんな病気かについて解説。』の内容になります。

岸博幸さんの最新ツイート

"あなたの健康、ただ一滴で守りませんか?"

あなたの健康は、あなた自身の手で守ることができます。

銀座血液検査ラボ」が提供する自宅でできる健康診断キットで、あなたの健康を自分自身でチェックする新しい習慣を始めませんか?

「血液検査を、もっと身近に、もっと手軽に」をテーマに、「銀座血液検査ラボ/ketsuken」はあなたに新しい健康管理の選択を提供します。

わずか一滴の血液と15分の時間があれば、あなたの健康状態を知ることが可能です。

生活習慣病やがんは身近な存在です。

早期発見がとても重要な病気ですが、日常生活でのチェックが難しいことも事実です。

しかし、それは昔の話です。

この検査キットを使えば、病院に行くことなく自宅でいつでも検査することができます。

そして、結果は最短翌日に確認できます。

「そんな簡単な検査で正確な結果が分かるの?」

そのように心配する方もいるでしょう。

ですがご安心ください。

病院と同等の検査精度を実現したこの健康診断キットは、特許取得の採取容器を用いており、肘静脈血検査と変わらない良好な結果が得られると報告されています。(日本臨床検査医学会「臨床病理」第65巻第3号(2017年3月)原著論文掲載)

検査は、法律で定められた基準を満たし都道府県知事に登録を認められた衛生検査所が行います。

健康管理は自分自身の手で守ることができます。

男性向けがん検査、女性向けがん検査、生活習慣病検査、B型・C型肝炎検査の4種類の検査キットから、あなたのニーズに最適なものを選んでください。

そして、もし検査結果に「異常値」や「陽性」があった場合、オンライン診療も受けられます。

あなたの健康を「銀座血液検査ラボ/ketsuken」の自宅でできる健康診断キットで、一滴、一分、自分自身で守りましょう。

>>銀座血液検査ラボの詳細を見てみる

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「岸博幸は病気で痩せた?多発性骨髄腫がどんな病気かについて解説。」と題して記事をお届けいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

著名人に関する医療系記事まとめ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次