ストラスバーグの引退理由である怪我・病気の詳細。復帰の可能性も調査!

  • URLをコピーしました!
当サイトにはプロモーションが含まれます。
【動画見るだけで4000円GET】


TikTok Liteインストールして10日ログインだけで4,000円!

①wifiを切って以下のURLからアプリDLする
(アプリは開かない)
https://lite.tiktok.com/t/ZSN5QPFk9/

②ダウンロードが終わったら
ストアからアプリを開かず
【上のURLからアプリを開く】

③tik tokで使ったことのない電話番号やメールで登録

④10日間連続ログイン

tiktokを入れてても対象の可能性有
まずはtik tokアプリを消してチャレンジしてみてください!

※毎日動画を見るだけで紹介無しでも、1,000円程度貰えます。

上手くいくと思うコツ
アプリ起動はストアからしないで、URLから起動

Wi-Fi繋がない

みなさんは、ナショナルズの野球選手であるストラスバーグの引退理由である怪我・病気の詳細について知りたくはありませんか?

また、ストラスバーグの復帰の可能性についても知りたくはありませんか?

ということで今回は「ストラスバーグの引退理由となりうる怪我の詳細。復帰の可能性も調査!」と題して記事をお届けいたします。

ぜひ最後までお付き合いください。

目次

ストラスバーグの引退理由である怪我・病気の詳細。

さて、「ストラスバーグの引退理由となりうる怪我の詳細。」について見ていく前に、まずはストラスバーグ選手に関する基本情報を見ていきましょう。

ストラスバーグの基本情報

基本情報
国籍 アメリカ合衆国
出身地カリフォルニア州サンディエゴ
生年月日1988年7月20日
選手情報
投球・打席右投右打
ポジション投手
プロ入り2009年 MLBドラフト1巡目
初出場2010年6月8日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
ウェスト・ヒルズ高等学校(英語版)サンディエゴ州立大学ワシントン・ナショナルズ(2010 – )
代表チーム アメリカ合衆国

ストラスバーグは、アメリカ合衆国出身の野球選手です。

現在は、MLB(メジャーリーグベースボール)のワシントンナショナルズに所属している選手です。

2009年のMLBのドラフトで、ナショナルズに1位指名を受け、プロ入りしました。

時には不調な時期もあり、たくさんの苦労をしてきた選手ですが、2008年のオリンピックではアメリカの銅メダル獲得に貢献し、非常にファンの多い選手であります。

2012年にはシルバースラッガー賞投手部門を受賞しました。

また、2019年にはワールドシリーズMVPも獲得しています。

ストラスバーグの引退に関する報道

そんなストラスバーグ選手ですが、8月25日に様々な日本のメディアから、引退がほぼ確定したという内容の報道がなされました。

2019年のワールドシリーズでMVPとなったナショナルズのスティーブン・ストラスバーグ投手(35)が現役引退を表明。AP通信が24日、関係者の話として伝えているもので、ワシントン・ポスト紙は9月9日に会見を行うと報じている。

引用元:© SPORTS NIPPON NEWSPAPERS. All Rights Reserved.(https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2023/08/25/kiji/20230825s00001007119000c.html)

ファンからすればとても悲しい知らせなのですが、ストラスバーグ選手はここ数年、病気や怪我の関係で思わしい結果が出せていませんでした。

ということで今回は、ストラスバーグ選手のケガや病気の変遷の詳細について詳しく解説します。

ストラスバーグの怪我・病気の遍歴(プロ入りから2019年)

ここでは、ストラスバーグ選手の怪我・病気の遍歴についてまとめていきます。

ストラスバーグ選手がプロになって初めての怪我は、MLBドラフト1位でプロした翌年の2010年のことでした。

ストラグバーグ選手は、8月21日のフィラデルフィア・フィリーズ戦で右肘を痛め、途中降板。

同月27日にトミー・ジョン手術を受けました。

トミー・ジョン手術とは

別名、側副靱帯再建術。肘の腱や靱帯の損傷・断裂に対する手術。大谷翔平選手も受けたことがある。

翌年の2011年は、その大半を手術のリハビリに使うことになり、復帰できたのは9月6日のロサンゼルス・ドジャース戦でした。

そして満を持して迎えた2012年。

4月には、ナ・リーグ月間最優秀投手に輝きました。

また6月8日のレッドソックス戦では13個の三振を奪い、メジャー通算29試合の先発登板で、208奪三振を記録。

1900年以降の近代野球、史上6人目となる『30試合未満で200奪三振』を達成するなど、大活躍を見せました。

そのあとの2013年、2014年は、特に大きな怪我もなく試合に出場できていました。

ですが2015年の出だしはあまり調子が良くなく、5月には首の張りで15日間だけですが故障者リスト入りしていました。

故障者リストとは

MLB、NBAなどにおいて、公認の医師により怪我や疾病のために試合出場が困難と診断された選手を登録するリスト。これに登録されることを「故障者リスト入り」と呼ぶ。登録期間中は公式戦に出場できない

ここからの復帰後、ストラスバーグ選手は8勝2敗の好成績を収めました。

そしてシーズン終わりには、背中にできていた良性腫瘍の摘出手術を受けました。

そして2016年には、序盤素晴らしい投球を見せたものの、右ひじの痛みを我慢しながら登板を続けたことで、その状態が悪化。

8月には、6月と合わせて2度目の故障者リスト入りとなってしまいました。

そして2017年には、試合に出場できたものの結果が振るわず、2018年6月には右肩の炎症で再び故障者リスト入りをはたしてしまいます。

ですが2019年には史上最速(通算1,272.1回)で通算1500奪三振を達成するなど、最多勝のタイトルを獲得しました。

ストラスバーグの怪我・病気の遍歴(2020年から現在)

そしてここから、ストラスバーグ選手はほぼ試合に出られない状態になってしまいます。

2020年には、神経に違和感があったため、開幕2試合目の出場を控えました。

そして同年の8月に復帰を果たしたものの、2試合5イニングのみで終了。

原因は、手根管症候群の手術の必要が出てきたからでした。

日本脊髄外科学会によると、手根管症候群とは次のように説明されます。

手首から手のひらの真中には正中神経という神経が走っています。この神経は手首のあたりで骨のトンネルを通りますが、手の使い過ぎなどが影響してこの部分で神経が傷むことで、指先にしびれがきたりする病気です。末梢神経障害の中で最も多く、日常よく遭遇する病気です。

引用元:©2016 JSSS All Rights Reserved.日本脊髄外科学会

そして2021年には、2試合に先発しましたが、右肩の晴れがあったために、4月に故障者リスト入りしました。

また7月27日には、胸郭出口症候群の手術を発表しました。

胸郭出口症候群は、上肢を挙上する(肩を上げる)動作を行うと神経や血管が圧迫(牽引)され、手がしびれたり、冷たくなったり、力が入りにくくなったりする疾患です。首から腕にかけて大事な血管と神経が走行していますが、頚部の筋肉(斜角筋)の間、第1肋骨と鎖骨の間といった狭い場所を通過するため、圧迫を受けやすいです。

引用元:©Keio University (https://onl.bz/tqcHkCa)

そして2022年は、その前半を手術のリハビリに費やしました。

そして6月9日に試合に復帰しましたが、すぐに投球時に違和感を感じ、またもや故障者リスト入りしてしまいました。

そして今年の2023年。

2月に練習を行っていたところ、首と肩に神経痛があったため、またもやリハビリを再開。

ですが、そのリハビリすらもまともにできないほど状態が悪化し、今回の引退の話に繋がったわけです。

ストラスバーグの復帰の可能性は?

ストラスバーグ選手は、現在ほぼ引退が確定している状態にあるわけですが、復帰の可能性は残されているのでしょうか?

(報道の中には、「引退か?」というような表現がありました。)

ツイッター上では、もとよりストラスバーグ選手の復帰を絶望視する声が多かったです。

先ほどもお伝えしたように、ストラスバーグ選手はこれまで何度も怪我を負いながらも、そのたびに復帰し、好成績を残してきました。

またその姿を見たいと切望しているファンも多いようですが、さすがに今回ばかりは厳しいでしょう。

https://twitter.com/tadashi19780625/status/1694873489566769609

敬意をこめて、お疲れさまでしたと伝えたいですね。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ストラスバーグの引退理由である怪我・病気の詳細。復帰の可能性も調査!」と題して記事をお届けいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次