MENU

ジャイアントコーンと発がん性の関係は?体に悪いのか原材料から分析!

  • URLをコピーしました!
当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
とても大切なお知らせ
  • 今回の内容は、商品の評判にかかわるものなので、先に結論を申し上げておくと、アイスのジャイアントコーンと発がん性にはなんら関係はありません。
  • また、アイスのジャイアントコーンがとりわけ体に悪いという事実もありません。
  • この記事では、「ジャイアントコーン 発がん性」「ジャイアントコーン 体に悪い」と調べられる理に注目していただければと思います。

みなさんは、ジャイアントコーンと発がん性の関係について知りたくはありませんか?

また、ジャイアントコーンが体に悪いという噂の真相についても知りたくはありませんか?

ということで今回は「ジャイアントコーンと発がん性の関係は?体に悪いのか原材料から分析!」と題して記事をお届けいたします!

ぜひ最後までご覧ください!

目次

ジャイアントコーンと発がん性の関係は?体に悪いのか原材料から分析!

ジャイアントコーンは、江崎グリコが提供するアイスの一種です!

ジャイアントコーンの基本情報

内容量 140ml栄養成分 1個当たり

エネルギー282kcal
たんぱく質3.7g
脂質17.7g
炭水化物26.9g
食塩相当量0.1g

参考値 1個当たり

カカオポリフェノール100mg

ジャイアントコーンは1978年に発売開始されました。

現在でも大人気の商品であり、2020年の7月から8月にかけて行われたgooランキングでは、「正直一番おいしい低価格アイスランキング」第1位を獲得しています。

ガリガリ君、スーパーカップを抑えての1位でした。

そんなジャイアントコーンについて調べていると、「ジャイアントコーン 発がん性」「ジャイアントコーン 体に悪い」というワードに検索数が集まっていることが分かりました。

(右の数字は、月間検索数です。)

果たしてジャイアントコーンと発がん性には、どんな関係性があるのでしょうか?

アイスのジャイアントコーンと発がん性には関連はない!

結論からいますと、アイスのジャイアントコーンと発がん性には、何ら関係はありません。

ではなぜ、「ジャイアントコーン 発がん性」というワードに検索数が集まっているのでしょうか?

「ジャイアントコーン 発がん性」が検索される理由

「ジャイアントコーン 発がん性」が検索される理由は、厚生労働省労働基準局安全衛生部化学物質対策課長から出された「輸入貨物に係る港湾荷役作業におけるアフラトキシンばく露防止対策について」という資料の中に、ジャイアントコーンの名前があったからです。

>>輸入貨物に係る港湾荷役作業におけるアフラトキシンばく露防止対策について

そしてここで言うジャイアントコーンは、アイスのジャイアントコーンではなく、植物のジャイアントコーンでした。

https://twitter.com/64_yukari/status/823522267422330880

アフラトキシンとは?

では、「輸入貨物に係る港湾荷役作業におけるアフラトキシンばく露防止対策について」の中では、いったいどのようなことが記されているのでしょうか?

上記の文章内では、アフラトキシンについて次のように書かれています👇

アフラトキシンは、熱帯地方等のトウモロコシ等の穀物等に発生するカビ毒として知られており、人に 対して発がん性があるといわれている

引用元:(C) Japan Advanced InformationCenter of Safety and Health.(https://www.jaish.gr.jp/index.html)

アフラトキシンには発がん性があるようです。

そしてこのアフラトキシンによって汚染されている可能性のある貨物はには、次のようなものがあります👇

アフラトキシンに汚染されているおそれのある貨物(括弧内は、特に汚染されている可能性のある輸出 元国名)  落花生及びその加工品、ピスタチオナッツ、ブラジルナッツ、ジャイアントコーン、アーモンド、クル ミ、チリペッパー、レッドペッパー、ナツメグ、ハトムギ、乾燥いちじく(以上、全輸出国)、ターメリ ック及びその加工品(インドネシア)、とうもろこし(甘味種を除く。)(オーストラリア、ブラジル、 米国)、バジルシード(カンボジア、タイ)、ピスタチオナッツ加工品(ギリシャ)、そば(中国)、ア ーモンド加工品(米国)、もろこし(こうりゃん等)及びその加工品(ベトナム)、ゴマの種子及びその 加工品(ベトナム)、カカオ豆(ベネズエラ)

引用元:© Japan Advanced InformationCenter of Safety and Health.(https://www.jaish.gr.jp/index.html)

こう見ると、たくさんの食べ物がアフラトキシンに汚染されている可能性が高いことがわかりますね。

アフラトキシンへの対策

アフラトキシンへの対策については以下の動画をご覧ください。

引用元:https://www.youtube.com/watch?v=LecBpqe74-Y

以上が「ジャイアントコーンと発がん性の関係は?」の内容になります。

ジャイアントコーンは体に悪い?原材料から分析!

結論から言いますと、アイスのジャイアントコーンにとりわけ体に悪い原材料が含まれているという情報はありませんでした。

原材料名に関する情報
  • 原材料に含まれるアレルギー物質(28品目中)・・・乳成分・小麦・ピーナッツ・大豆
  • 原材料名・・・チョコレート(国内製造)、砂糖、乳製品、植物油脂、コーン、チョコレートコーチング、水あめ、キャンデーコートピーナッツ、ピーナッツペースト、ビスケットパウダー、小麦パフ/乳化剤、香料、安定剤(増粘多糖類)、着色料(カラメル色素、アナトー、カロチン)、シェラック、(一部に乳成分・小麦・ピーナッツ・大豆を含む)
  • 種類別・・・アイスミルク

植物油脂は多量接種は望ましくない

ちなみにジャイアントコーン(アイス)の原材料の中に含まれている植物油脂は、多量接種は望ましくないといわれています。

詳しくは下記の記事でまとめていますので、ご覧ください👇

どんな食べ物も食べ過ぎは体に悪い

実は、「体に悪い」と噂されるのは、ジャイアントコーンだけではありません。

当サイトでもいくつかのお菓子を紹介させていただきましたが、総じて言えるのはやはり「取り過ぎがまずい」ということです。

また日本人に置いて、取り過ぎが懸念されている物質に「塩分」もあります。

トランス脂肪酸を取り過ぎないようにすることも大事ではありますが、それだけすれば健康でいられるということではありません。

"あなたの健康、ただ一滴で守りませんか?"

あなたの健康は、あなた自身の手で守ることができます。

銀座血液検査ラボ」が提供する自宅でできる健康診断キットで、あなたの健康を自分自身でチェックする新しい習慣を始めませんか?

「血液検査を、もっと身近に、もっと手軽に」をテーマに、「銀座血液検査ラボ/ketsuken」はあなたに新しい健康管理の選択を提供します。

わずか一滴の血液と15分の時間があれば、あなたの健康状態を知ることが可能です。

生活習慣病やがんは身近な存在です。

早期発見がとても重要な病気ですが、日常生活でのチェックが難しいことも事実です。

しかし、それは昔の話です。

この検査キットを使えば、病院に行くことなく自宅でいつでも検査することができます。

そして、結果は最短翌日に確認できます。

「そんな簡単な検査で正確な結果が分かるの?」

そのように心配する方もいるでしょう。

ですがご安心ください。

病院と同等の検査精度を実現したこの健康診断キットは、特許取得の採取容器を用いており、肘静脈血検査と変わらない良好な結果が得られると報告されています。(日本臨床検査医学会「臨床病理」第65巻第3号(2017年3月)原著論文掲載)

検査は、法律で定められた基準を満たし都道府県知事に登録を認められた衛生検査所が行います。

健康管理は自分自身の手で守ることができます。

男性向けがん検査、女性向けがん検査、生活習慣病検査、B型・C型肝炎検査の4種類の検査キットから、あなたのニーズに最適なものを選んでください。

そして、もし検査結果に「異常値」や「陽性」があった場合、オンライン診療も受けられます。

あなたの健康を「銀座血液検査ラボ/ketsuken」の自宅でできる健康診断キットで、一滴、一分、自分自身で守りましょう。

>>銀座血液検査ラボの詳細を見てみる

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ジャイアントコーンと発がん性の関係は?体に悪いのか原材料から分析!」と題して記事をお届けいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

類まれなる飛行能力を活かして、世界の様々なニュースを集めてくる情報屋。性格は真面目で、情報の真偽については慎重に調査してくれる。

コメント

コメントする

目次