あらいずみるいのAI疑惑、認定の詳細!経歴についても徹底調査!

  • URLをコピーしました!
当サイトにはプロモーションが含まれます。
【動画見るだけで4000円GET】


TikTok Liteインストールして10日ログインだけで4,000円!

①wifiを切って以下のURLからアプリDLする
(アプリは開かない)
https://lite.tiktok.com/t/ZSN5QPFk9/

②ダウンロードが終わったら
ストアからアプリを開かず
【上のURLからアプリを開く】

③tik tokで使ったことのない電話番号やメールで登録

④10日間連続ログイン

tiktokを入れてても対象の可能性有
まずはtik tokアプリを消してチャレンジしてみてください!

※毎日動画を見るだけで紹介無しでも、1,000円程度貰えます。

上手くいくと思うコツ
アプリ起動はストアからしないで、URLから起動

Wi-Fi繋がない

皆さんは2023年8月中旬、Twitterにて、漫画家・イラストレーターであるあらいずみるいさんの絵に「AI疑惑、AI認定」の話題が上がっていたのをご存じでしょうか?

あらいずみるいさんの名誉のために先に結論を述べると、あらいずみるいさんはイラストをご自身の手でかかれており、AIは使用していません。

よってあらいずみるいさんに関する「AI疑惑、AI認定」はすべて間違いです。

一体どのような経緯があって、あらいずみるいさんは、AI疑惑を掛けられたり、AI認定を受けてしまったりしたのでしょうか?

そもそもあらいずみるいさんはどのような経歴の持ち主なのでしょうか?

ということで今回は「あらいずみるいのAI疑惑、認定の詳細!経歴についても徹底調査!」と題して記事をお届けいたします。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

あらいずみるいのAI疑惑、認定の詳細!

ここでは、「あらいずみるいのAI疑惑、認定の詳細!」についてお伝えいたします。

繰り返しになりますが、あらいずみるいさんの名誉のために先に結論を述べると、あらいずみるいさんはイラストをご自身の手でかかれており、AIは使用していません。

あらいずみるいの表紙イラストにAI疑惑、AI認定の話題がでる。

こちらはあらいずみるいさんのツイートです👇

非常に可愛い女の子のイラストが描かれています。

しかしこのツイートのイラストのタッチに違和感を覚えた人たちがおり、ツイートを引用して、あらいずみるいさんの絵にAI疑惑をかける人や、あらいずみるいさんの絵をAI認定する人達が現れました。

もっとも注目度が高いとも割れるツイートをこちらに掲載します👇

ツイートの内容(削除された時用)

あらいずみるい、AI墜ちしただろう絵でAIだと目立つところに明記しない感じになってて心底残念。 ①昔の絵柄のままだと目立てない。目立ちたい。 ②流行の絵柄をリスペクトして学ぶこともしたくない。 ③だから盗用AIに手を出す。目立つために明記しない。 これ結構エグい思考回路だと思うんすよね。

しかし、あらいずみるいさんの絵がAIで絵を描いている証拠はどこにもなく、上記のようなツイートは根拠のない名誉棄損のツイートだとして、大炎上しました。

またあらいずみるいさんは、AI疑惑、AI認定の話題について、自分の手でしっかりと書いているということを証明するために、作業工程を公開しました👇

言われもない疑惑を掛けられたのにもかかわらず、対応が落ち着いていますよね。

このツイートを見て、あらいずみるいさんに根拠のないAI疑惑を掛けていた人は次々とツイートを削除。

しかしそういったツイートはしっかりと第三者によってスクリーンショットを取られており、今も炎上が続いていると言った次第です。

また一部には、あらいずみるいさんがわざわざ作業工程を見せたのにも関わらず、「それさえもAIで出来る」「その動画ではAIを使っていない証拠にはならない」というようなツイートをする人もいました。

以上が、「あらいずみるいのAI疑惑、認定の詳細!」です。

あらいずみるいの経歴&どんな人?

ここからは、今回話題となったあらいずみるいさんがどんな人なのか、そしてその経歴についてまとめます。

あらいずみるいさんは、現在漫画家、イラストレーターとして活躍されています。

生誕1966年2月2日 東京都
国籍 日本
職業漫画家
イラストレーター
活動期間1980年代 –
ジャンル少年漫画
代表作『スレイヤーズ』

学生時代に漫画家としてデビューし、初期の連載作品としては雑誌『パンプキン』に連載された『死神ミリちゃん』や『ちょっとだけすぺくたあ』、そして「コメットシスターズ」などがあります。

また、ファンタジー小説『スレイヤーズ』シリーズの挿絵を手がけ、その漫画版も制作しました。

イラストレーターとしては、初めての仕事は『ドラゴンマガジン』の創刊号に掲載された『リズミックエスパー』(飯野文彦)の挿絵です。

その後も『スレイヤーズ』の挿絵や読者広場のイラストを手がけたり、他のライトノベル作品やトレーディングカードゲーム「モンスターコレクション」シリーズにも参加しました。

アニメーションの分野では、『スレイヤーズ』シリーズのテレビアニメやOVA、劇場版アニメのキャラクターデザインやビジュアルコンセプトデザインを手掛け、またロボットアニメ『無敵王トライゼノン』のキャラクターデザイン原案も担当しました。

あらいずみるいさんは、ライトノベルブームの際にアダルト系イラストレーターとしても一線級の存在であり、童顔の美少年であるため、興味深いエピソードもあります。

また、ペンネームの由来は「新泉留衣」で、それぞれの漢字が意味を持ち、その背後にはラジオでの話題もありました。

1998年頃からはCGを使用した作画に移行し、イラストの表現方法が変化している点にも注目されます。そして、イラストのセル画調表現は『ドラゴンマガジン』で多く見られ、線画は本人によるものですが、トレースと彩色はアニメ制作会社が担当しました。

コミックマーケット80では、リナ=インバースのマウスパッドを販売し、その収益を東日本大震災のチャリティーとして日本赤十字社に寄付したことも注目すべき事柄です。

この記事のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「あらいずみるいのAI疑惑、認定の詳細!経歴についても徹底調査!」と題して記事をお届けいたしました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次